http://www.toprotechno.com トープロテクノサービス株式会社

プリント基板の設計から各種マスクデータの作成まで

お問合わせ・他

サイトマップ

〒住所
〒146-0085
東京都大田区
久が原2-12-5 3F

FAXアイコンFAX
03-6410-3973

封筒アイコンEメール
メールフォームへ >

時計アイコン業務時間

8:30~17:30
(定時)

13:00~22:00
(午後勤務)

会社案内 PDF形式 A4 4ページ 経験者募集 電気設計・基板設計 イベント情報

会社概要

経営理念・方針 > 代表ご挨拶 >沿革 >

社名

トープロテクノサービス株式会社
建物

所在地

〒146-0085 東京都大田区久が原2-12-5 3F
地図・アクセスページへ >

資本金

3,000,000円

代表者

北條 武

従業員数

5名

創業

2003年(平成15年)3月

電話番号

03-6410-3873(代)

FAX番号

03-6410-3973

Eメール

封筒アイコンメールフォームへ >

ホームページ

http://www.toprotechno.com

事業内容

プリント基板や電子デバイスの設計・製作・部品実装
各種マスク用データの設計・製作

使用ソフト

START:(株)ファースト / DFMセンター:(株)図研

対応データ形式

ガーバー/拡張ガーバー/DXF/ ストリーム(GDSⅡ)DXFなど

保有資格

一級プリント配線版製造技能士(1名)
二級プリント配線版製造技能士(2名)保有資格ページへ >

主な取引先

アミューズメントメーカー 様/フレキシブル基板メーカー 様
計測器メーカー 様/医療機器メーカー 様 など

取引銀行

東京都民銀行 渋谷支店 / 城南信用金庫 池上支店
芝信用金庫 仲池上支店

沿革

2003年(平成15年)3月

東京プロセスサービス(株)の関連子会社として資本金2,000万円にて設立〔代表取締役:染谷 進〕

2003年(平成15年)4月

世田谷テクノセンターで、(株)ファースト製CADシステム『START』を導入し業務を開始

2007年(平成19年)2月

東京プロセスサービス(株)機器開発センター内に移転

2007年(平成19年)4月

ハードコート機を導入

2010年(平成22年)7月

東京プロセスサービス(株)図形処理センター内に移転

2012年(平成24年)8月

(株)図研『DFMセンター』を導入

2013年(平成25年)10月

資本金2,000万円より300万円に減資
(設立当初の設備投資が完了したため)

2014年(平成26年)5月

大田区久が原分室へ移転
代表取締役に、安本 実が就任

2015年(平成27年)3月

全株式を取得し東京プロセスサービス グループから独立
代表取締役に、北條 武が 就任

2015年(平成27年)9月

中小企業庁の「ものづくり・商業・サービス革新補助金」が認可される
申請タイトル:専用CAD導入と基板配線設計の高効率化で顧客製品の高機能化に貢献 中小企業庁のページへ >
補助金交付決定通知書へ >

2017年(平成29年)7月

一般社団法人 エレクトロニクス実装学会(JIEP)に入会

代表ご挨拶

代表写真
トープロテクノサービス 株式会社
代表取締役 北條 武

トープロテクノサービス株式会社は、電気系CADを利用したプリント配線板(リジット基板・フレキシブル基板)やICパッケージなどの設計が主業務になります。
当社は、工業用の写真製版やメタル版を製造販売するマスクメーカーの子会社として、2003年に設立されました。

手貼りアートワーク~CAD設計にいたるまでの経験者、メンブレンシート配線や電子部品の設計経験者、IT技術営業やSE経験者など多方面からの技術者が集まり結成されました。

設立以来、三得主義(お客様、会社、自分が得をする考え方)を行動指針としてお客様のニーズに応えられるよう「よりよいもの」を創造しております。
小さな会社ですが、少数・精鋭で、メーカー様をサポートします。
当社の設計した製品類が皆様の笑顔や喜びに貢献できるよう、より一層精進してまいる所存です

経営理念・方針

【 経営理念 】
三得主義 ※全員が顧客・自分・会社の得を考えて行動しよう

【 経営方針 】
1. トーテク品質(クオリティ)の追求
・・・他社と競合してもトーテクが選ばれるような独自性や差別化、ブランド力を追求します。
2. 設計速度の追求
・・・3~5年の周期で業務の担当替えを実施し、新工法の創造や助け合う環境で技術革新による
納期短縮を追求します。
3. 適正コストの追求
・・・仕事の波に対応すべく協力会社との連携をはかり、
余剰人員をつくらない少数精鋭の体制を追求します。